中級編13 吹き出しの作り方

  方法は3つ

 

Q 吹き出しに文字を入れたいのですが、どうしたらいいですか? 

 

A 吹き出しの中に文字を書き入れる方法は、以下の通り3つあると考えられます。

 

 

1 ふきだし形コラム枠でシンプルに

 

①1つめは、〔ふきだし形コラム枠〕を作って、文字を入力する方法。形が限定され、線もデザイン性がなくシンプル。

 ガイドメニューの〔コラム枠〕→〔ふきだし形コラム枠〕をクリックしてコラム枠を作成。

 

 

②右クリックから〔コラム枠属性〕で線やフォントを設定する。

 

 

2 枠飾りでデザイン性高く

 

③2つめは、コラム枠に〔枠飾り〕をつける方法。コラム枠はふつうの〔四角形コラム枠〕を作成し、コラム枠を右クリック→〔枠飾り〕→〔枠飾り〕を選択。

 

 

④ダイアログからフォルダを開きデザインを選ぶ。〔吹き出し〕フォルダ→「吹き出し010」を選んでみる。

 吹き出しの模様のデザイン性は高くなるが、文字が入力できる範囲が小さくなり、〔枠内余白〕を大きくして文字と模様が重ならないようにする必要がある。右クリックで〔コラム枠属性〕ダイアログの〔余白/段組み〕タブで〔上余白〕を8㎜として〔上余白と同じ〕をクリック。〔文字〕タブで〔行寄せ〕を〔中央寄せ〕に設定するといい。

 

 

 

3 図形とコラム枠を重ねて自由度高く

 

⑤3つめは、図形とコラム枠を重ねて作る方法。

 ガイドメニューの〔図形〕から四角形図形を作成して右クリック→〔枠飾り〕→〔枠飾り〕を選択し、ダイアログから同じように吹き出しを選ぶ。

 

 

コラム枠を空線・透明に

 

⑥図形の前面にコラム枠を作って重ねる。

 こちらはコラム枠内の余白の大きさをあまり気にしないで文字を書くことができる。

 ただし、コラム枠属性の〔形〕タブで〔線〕は「空線」に、〔塗り〕を透明にしないと、吹き出しの模様がコラム枠に隠れてしまう場合があるので注意しよう。コラム枠を空線・透明にして透明シートのようにするということだ

 自前で準備した吹き出し画像を利用する場合も、このようにコラム枠を重ねて作るといい。

 

 

⑦吹き出し完成。コラム枠が重なっても、吹き出しの枠と文字がくっきり浮き出る。

 

吹き出しを移動させるとき

 吹き出しを移動させる場合は、図形もコラム枠もいっしょに動かす必要がある。両者をグループ化して一体化する方法もあるが、移動するときに、シフトキーを押しながら図形とコラム枠をクリックして両者を選択した状態で動かすと、いっしょに移動できる。