基本編5 写真の読み込み 明るさ色合いも調整できる

イメージ枠を作る
イメージ枠を作る

 

Q 写真を紙面に載せるときはどうするのですか

 

①イメージ枠を作る〔縦横比を保持〕

 写真、カットなど画像の読み込みにはイメージ枠を使います。

 ガイドメニュー〔配置〕タブ→〔イメージ枠〕→〔四角形イメージ枠〕ボタンを押して紙面上でドラッグ&ドロップしてイメージ枠を作成します。

 

縦横比を保持する
縦横比を保持する

 

 イメージ枠を選択した状態で右クリック→〔効果〕→〔縦横比を保持〕をクリックします。

 

右クリックで読み込み
右クリックで読み込み

 

②画像ファイルから〔読み込み〕

 再度右クリックから〔読み込み〕を選択します。

 

 

 エクスプローラーが表示されます。ガイドメニュー〔配置〕タブ→〔枠への読み込み〕→〔イメージファイルの読み込み〕でも同様の作業ができます。

 用意してあったファイルを選択し〔OK〕ボタンを押すとイメージ枠に写真が読み込まれました。

 

 

③〔原寸比に調整〕ですき間をなくす

 このときイメージ枠にすき間ができたら、右クリック→〔原寸比に調整〕をクリックすればすき間はなくなります。

 

 

イメージ枠の線を消すために「空線」に設定
イメージ枠の線を消すために「空線」に設定

 

④イメージ枠の線を消す

 写真に枠線はつけません。写真を選択してガイドメニューの〔枠の初期設定〕をクリックし〔描画パレット〕→〔線〕タブで〔線種〕を〔空線〕に設定し〔更新〕ボタンを押します。

 

 

⑤〔効果〕→〔レタッチ〕で明るさ、色合いを変更

 写真をモノトーン〔白黒〕に変更したり、明るさを変更するには、右クリック→〔効果〕→〔レタッチ〕としてダイアログを表示させます。

 

 

明るさ、コントラストも微調整
明るさ、コントラストも微調整

 

モノクロ印刷の場合はモノトーンに

 最終的にモノクロで印刷する場合は、写真がカラーのままでは黒っぽくなってしまいます。〔レタッチ〕ダイアログの〔モノトーン〕にチェックを入れます。〔ワンタッチ補正〕ボタンを押します。それでも印刷段階で写真が濃くなりがちなので、〔明るさ〕〔コントラスト〕のレバーを使って明るく微調整しておきましょう。

 写真を画面で見るのと印刷した状態ではかなり違いがあります。実際にプリントしてみることをお勧めします。